美白になるために気にすべきこととは?

美白という言葉は今ではすっかりおなじみになりましたが、実は1990年代後半に美白ブームが起きてから定着した言葉なのです。

とはいえ、「色の白いは七難隠す」とことわざにもあり、ウグイスの糞がもてはやされたり、鉛の含まれたおしろいで命を縮めたりと、美白の精神は日本女性に古くから息づいていました。現代でも美白肌になりたい人のための情報は、雑誌やネットを賑わしています。

「美白したい、美白肌になりたい」という願いとともに、いろいろなスキンケアや食事法が提案されている中で、自分に本当に合うのはどれだろうかと疑問を持っている人も多くいます。それぞれ肌質などが違うので、一つだけのやり方を挙げるわけにはいかないでしょう。

しかし美白に良くない習慣というのはどんな肌質の人にも共通しています。ですから、良くない習慣や行動を避けるだけでも美白効果を上げることができます。そういったものには、どんな習慣があるでしょうか。

まずは、紫外線を浴びるということです。肌のコンディションのよしあしにかかわらず、紫外線は角質層から水分を奪い、メラノサイトの活性化にスイッチを入れます。

また、美白に必須なターンオーバーを阻害するのは睡眠不足と栄養不良です。さらにいつもシャワーだけというような血行を悪くする習慣を避け、体を温める服装や食品を摂りいれることも必要です。

最後に一番気をつけたいのがストレスです。ストレスのない人はいないと言いますが、ホルモンバランスが乱れるほどのストレスを溜めることの無いよう、上手く発散する方法を見つけましょう。

どれもすぐに美白と結びつかないようなことかもしれませんが、きちんと対策すれば美白・美肌に一歩も二歩も近づけるのです。

ロスミンローヤル